会社概要

会社概要

会社名 ネクスコン・ジャパン株式会社(韓国 NEXCON Technology Co., Ltd. 100%出資)
代表者
代表取締役社長 金 英鶴
設立日 2013年10月
本店所在地 大阪市北区東天満2-1-10 KOUTOKUビル 4階

 (2019年2月、中央区城見から北区東天満にオフィスを移転しました。)
従業員数 約10名(海外生産グループ含め約1580名)
資本金 7,550万円
事業内容 リチウムイオン電池を中心とする二次電池関連技術開発
携帯電話向け、ノートパソコン向けリチウムイオン電池パック製造
二次電池応用製品製造
主要製品 ─携帯電話などの携帯機器向けリチウムイオン電池用保護回路
 (PCM =Protection Circuit Module)
─ノートパソコンなどの電池パック用制御回路・残量回路(SM=Smart Module)
─パワーマネージメント製品
─電動車両向けBMS(Battery Management System)、充電装置、
─蓄電設備・蓄電システム

主な沿革

1996 韓国 NEXCON Technology 設立(設立当時の会社名:東洋技研)
1997 リチウムイオン電池用保護回路(PCM)を開発(韓国初)
1998 R&Dセンター設立
PCM量産開始(韓国初、Motorola向け)
2000 ISO 9001 取得
KOSDAQ市場に上場
2001 NEXCON Technology Co., Ltd. に社名変更
天安市 料芳里(現在の本社所在地)に移転
2002 ノートPC、DVDプレーヤーなどのバッテリー制御回路(Smart Module)を開発
TL 9000 取得
2003 韓国において「輸出2千万ドル賞」受賞
2005 RoHS指令対応
ISO 14001およびOHSAS 18001 取得
南京工場( Nanjing Nexcon Electronics Co., Ltd. )を開設
2006 BMS(Battery Management System)を開発
─ハイブリッド自動車(HEV)用、電気バイク(E-Bike)用、電気自動車(EV)用
2007 代替エネルギー (燃料電池関連) 開発、国策プロジェクト企業として選定
2009 スマートグリッド事業者として選定(BMS、充電装置、蓄電装置)
HEV無線充電システム国策プロジェクト企業として選定 (充電装置、BMS)
2010 日本支店を開設
2013 日本法人(ネクスコン・ジャパン株式会社)を設立
ベトナム工場( Nexcon Vina Co., Ltd. )を開設
2014 日本大手電機メーカーより、リチウムイオン電池用保護回路基板および充電器用回路基板の製造業務と人力の移管をうける
2015 重慶工場( NEXCON ELECTRONICS CHONGQING CO.,LTD. )を開設
このページトップへもどる